ミニマリストになるには収納BOXを処分する【物の逃げ場を無くす】

ミニマリスト

ミニマリストの家などををYouTubeで見たりすると、ほとんどの場合は「収納家具」がありません。

クローゼットだったり、衣装ケース、カラーボックスなど様々です。

なぜ、ミニマリストは収納BOXを部屋に置かないのか?

それは、不用品の逃げ場を作らないため!というのが一番の理由です。

  

これ使わないから、とりあえず収納しておくか…

  

とりあえず収納BOXに入れてしまった物は、なかなか出す機会がやってきません。

  

なぜかというと、本当は必要ない物だからです。

  

いつか使うかもしれない物、これらの逃げ場を作らないためにも収納BOXを手放す必要があります。

そもそも収納BOXは必要なし

家のクローゼットなどを見てみると、衣装ケースなどがたくさんありませんか?

 

衣装ケース10個もあるよ。

何が入っているかわかんないや…

  

クローゼットにかかっているハンガーなどの洋服ならまだしも、衣装ケースに入った物って何が入っているか開けるまでわかりませんよね。

外に「冬用」「夏用」と書いてあっても、その衣装ケースを開けるまで何が入っているかはよくわからない。

となると、面倒くさくて開けなくなってしまい何年もそのまま…なんてことはよくあります。

  

何が入っているか用途の名前を書いてあるから大丈夫です。

  

衣装ケースに用途が書いてあっても、衣装ケース自体が多いと同じような物が多くて不便です。まずは衣装ケースを減らしてクローゼットに入る分だけにするのがベストです。

   

一つでもいいので収納BOXを手放す

収納BOXは多ければ多いほど、場所を取っています。

いきなり全て捨てる!というのは難しいのでまずは一つでもいいので手放してみる。

するとひとつ、またひとつと空間が出来ることが嬉しくなり手放すことが出来るようになります。

 

部屋が広くなると嬉しいですよね!

物も少なくなってスッキリ!

 

たかが収納BOXひとつでも、その場所が何もない空間になるだけで気持ちも変わります。

ミニマリストはなぜ収納BOXが不要?

強制的に収納スペースを無くす

「物」を手放すよりも、収納BOXを手放したほうが良い理由は強制的に収納する場所を無くすということ。

収納する場所がなければ、物を入れる場所がないので、床に置くかどこかの棚に入れることになります。

収納するスペースを無くせば、必然と大切な物が残ります。

不用品の逃げ場を無くす

 

捨てるのがもったいないから、とりあえず収納BOXに入れておこう!

  

収納BOXがたくさんあると、自然と不必要な物がそのBOXに収納されてしまいます。

もとから収納する場所がなければ物は無くなります。

床に置くと邪魔という認識

ルンバなどを使って普段から掃除をしている人なら感じることですが、床に物が置いてあると凄く不快に感じます。

自らの手で掃除機をかける場合は、邪魔な物を避けて掃除機をかければいいのですが、全自動掃除機の場合は自らの意志で必要な物、不必要な物を判断して掃除をしてくれません。

吸い込める物は、全て吸い込んでしまうので必然的に床に物が散乱している場合は、人が掃除をしてからでないとルンバをかけれません。

これと同じように、床に物が置いてあると足にも当たるし、視界にも当然入ります。

  

勉強に集中したいけど、漫画をついつい読んでしまうよ。

  

視界に入る物が多ければ多いほど、集中力がそがれてしまい、勉強や仕事に身が入らなくなってしまいます。

床に物を置くと邪魔」という認識を持つことは、メリットも多いです。

まとめ

結論としてミニマリストになるためには、まずは収納BOXを1つでもいいので手放すということです。

収納する場所がたくさんあると、捨てるはずの物の逃げ場が出来てしまう。

収納BOXの中に収納してしまうと全てが見えないため、出すのが面倒になってしまい、結果出さなくなってしまうので、ただの不必要な物がたくさん入った収納BOXが出来上がってしまう。

本当に必要な物だけで生きて行くためには、収納BOXは必要ありません。最低限の衣服はハンガーにかかる程度十分です。

 

ここまでくると生粋のミニマリストでしか出来ないでしょうけれども…

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました