ミニマリスト×楽天モバイル=【最強】と言わざるを得ない理由とは?

ミニマリスト

ミニマリストと楽天モバイルがなぜ最強なのか?

それはミニマリストが使っているスマホの中身は、アプリも最小限なのでスマホをほとんど使用しないから。

なので必然的にデータ量が増えないので1か月で1GBまで到達することがなく0円という利用料金になります。

 

通話をするときでも「楽天Link」というアプリから通話をすれば電話料金も発生しません。

スマホの中身をミニマルにすることは、利用料金が0円になるだけでなく、アプリが少ないのでスマホを触る時間が減るので時間を有効活用することもできます。

 

今回は私のスマホの中身とともに、ミニマリストと楽天モバイルの相乗効果について紹介します。

楽天モバイルじゃなきゃダメ?

もうこれは断言できます。節約して尚且つ時間を確保したい人は楽天モバイルしかありません。

大手3大キャリアも一昔前に比べてかなり安くなりましたが、0円という価格は楽天モバイルだけです。

どれだけ安くても0円にはかないません。

  

ですが令和4年6月で0円プランが終了してしまうので、楽天モバイルの3GBまで980円に変更されたプランを継続するのか、他社に乗り換えるかは検討する余地があります。

  

しかも最低限の電話しかかけない場合は、「Rakuten link」というアプリから電話をかけると、これまた通話料も0円です。

Rakuten Link同士なら、メッセージはもちろん写真や動画、ファイルも送受信でき、最大100人のグループメッセージも0円で使用することができます。

  

どうしても3大キャリアの通信網を使いたいという人には

ドコモ 「ahamo」

「ahamo」の月額基本料金は2,980 円となっています。この中に、20GBまでのデータ通信と1回5分までの通話かけ放題が含まれています。

ソフトバンク 「LINEMO」

ソフトバンクは「LINE」を通信量ノーカウントで利用できる「LINEMO」というプランです。月額料金は2,480円、1回5分以内の通話かけ放題は月500円のオプションという内容になっています。

au  「povo」

「povo」の月額基本料金は2,480円で、20GBまでのデータ通信が含まれます。1回5分以内の通話かけ放題は、月500円で付けられるオプションとなっています。

  

令和4年6月で楽天モバイル0円が終了してしまうので、私はau回線のpoboに切り替える予定です。

poboも楽天モバイルと同様に基本0円ですが、ひとつだけ注意点があります。それは180日以上追加トッピングがないと契約が終了してしまうということ。

なので私は最安トッピングのsmash(220円)を4か月に1回ぐらいのペースで追加して使用していく予定です。 

smashとは220円で、購入完了から24時間、smash.の有料プランのご利用とsmash.のデータが使い放題となるパックのこと。

最安値を目指すのであれば、180日で1回トッピングをすればよいのですが、私の場合は忘れそうなので契約月から4か月ごとに決めて課金する予定です。

  

スッキリしていると何が良いのか?

皆さんのスマホのホーム画面は、どうなっていますか?

私のホーム画面はこれです。

  

  

はい。なにもありません。

 

スマホを開いても基本的に何も目に入ってこないので、注意が奪われない。

どうしてもアプリがたくさん入っていると、便利かもしれませんが「それ本当に必要?」といったアプリが多いのも事実です。

  

データ通信料は本当に1G超えない?

 

  

私の場合は、基本的に0.2GBを超えることはありません。

なぜか?

単純にWi-Fiの繋がっていない場所では必要最低限しかスマホを触らないから。

  

スキマ時間があるとどうしても、スマホを触りたくなってしまいますよね。意味も無いのにインスタグラムを開いてスクロールする。

もうただの時間泥棒ですよ。

  

触るとしたら必要最低限の家族とのLINEでのやりとり程度。一昔に比べると本当に触らなくなりました。

  

必要最低限のスマホ利用を心がけるだけで、時間に余裕ができるし、別のことに集中することもできる。

スマホのデータ通信を控えるように心がけるって、実は良いことだらけなんです。

そのアプリ本当に必要?

  

  

皆さん、スマホ内のアプリって何個入れてます?

私は10個です。これだけで大丈夫?と思うかもしれませんが、慣れてしまうと案外問題ありません。

  

スマホを触っているとどうしても、アプリの広告が次から次へ視界に飛び込んで来ます。そのたびに面白そうだからという理由でインストールしていませんか?

  

たしかに便利かもしれませんが、アプリを入れすぎて画面いっぱいにアプリが溢れてしまい、必要のないアプリで画面を占拠していませんか?そうなっているのであれば、間違いなくアプリを断捨離する必要があります。

  

私は毎月1日に見直して、必要の無いアプリ使用していないアプリは削除するようにしています。

  

お店がアプリを入れさせる本当に理由

  

  

  

よくドラッグストアやコンビニって、店独自のお得なアプリをインストールするよう促してきますよね。あれ、なんでか知っていますか?

 

理由はひとつ。そうマーケティングのためなんです。

アプリをダウンロードしてもらって、毎週のようにお得な情報やクーポンを配布する。そうすることで利用者は安く買える!と思い込んでまたそのお店に行って買い物をしてしまいます。

  

しかし、本当にそれって必要な物ですかね?よくよく考えてみると家に同じような物があったり、安いだけで必要なかったりする物が多いです。

  

ポイントカードなどもそうですが、そのお店で買い物をさせるために開発されたアプリなので基本は必要なし!と私は考えています。

デジタルデトックスをしてみる

  

 

デジタルデトックスという言葉、聞いたことありますか?現代人は起きてから寝るまで基本的に何らかの電波や機械が近くにある状態で生活をしています。

 

会社から電話があると心配、朝起きれないと心配などと言う理由からスマホを枕元に置いて寝ていませんか?

そして朝起きたらスマホを開いてメールやインスタをチェック。ここからだらだらと時間が過ぎていくわけですが、会社へ行っても現代は何らかの機械が必ず身の周りにあります。

  

現代人にとって機会は切っても切れない存在であることは言うまでもありません。

  

これらを続けることで、身体には少なからず電磁波が蓄積されてしまいます。これらをデトックスするには自然と触れ合う。この方法が一番簡単で効果的だと言われています。近くに公園があれば散歩してみるのもいいし、立ち木に手を触れるだけでも効果があります。

また、電波の出ている物から少し離れるといった行動を自ら取らないと、原因不明の頭痛などに悩まされてしまう原因にもなってしまいます。

  

その最も簡単な方法として、スマホのアプリを極力減らす。これをするだけでスマホを触る時間が減ります。

寝る前なども基本は上半身の近くなどには置かず、睡眠の邪魔にならないようにしたいですね。

ちなみに私はスマホは別の部屋に置いて就寝しています。寝ている時間も音が鳴らないように設定をしてあります。

  

自分の時間を有効活用する力を磨き上げて、有意義な生活を手に入れちゃいましょう。

  

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました