花粉症の季節こそロボット掃除機が効果的【安いルンバは3万円程度】

花粉症対策

花粉症の季節、我が家ではルンバが大活躍してくれます。

   

その一番の理由としては

「家主がいない間に掃除をしてくれるから」

これって、花粉症の季節には凄く大切なこと

家の中を掃除するときって、排気が出るので必ずホコリが舞います。

 

人が家に出入りするだけでも花粉が入ってくるし、衣服にも付着している。

すると当然、部屋の中にも花粉は入ってきてしまうので床に落ちる。

掃除をしないと花粉はホコリとともに床に落ちたままです。

 

掃除をするときは、掃除機を使いますよ。

すると掃除機の排気でホコリなどが舞い、花粉やホコリを自然と吸入してしまい、くしゃみが出てしまう。

 

掃除機をかけるだけなのに、くしゃみが止まらない。ホコリが舞うからといって窓を開けると花粉が入ってくるし…

 

でも掃除をしないと部屋は綺麗にならないから、誰かが犠牲になって掃除をしなきゃいけません。

 

そこで登場するのが、ロボット掃除機の「ルンバ」です。

 

このルンバがなぜ良いかというと

  

「人がいない間に、掃除をしてくれるから」

  

もうこれが一番の理由です。

  

正直、ロボット掃除機ならばどの機種でもいいと思いますが、私はルンバを使用しているのでルンバの説明をさせていただきます。

花粉症の季節にルンバやロボット掃除機を使ったほうが良いメリットをご紹介します。

 

掃除機とルンバ、何が違うの?

我が家で10年近く使用しているルンバくん

  

わざわざ新しくルンバを買うのは、お金もかかるし今の掃除機で十分だと思いませんか?

私も使い始めるまでは、そう思っていました。

 

サイぞう
サイぞう

掃除機あるし、ルンバを買うとなると一番グレードが下の物で3万円近くもするよ。買わなくていいや!

   

ですが、使ってみてあまりの楽さに驚きました。

勝手に掃除をしてくれるという画期的な方法

 

掃除機とロボット掃除機の大きな違い

それは

  • 掃除機:必ず誰かが使わないと掃除ができない
  • ルンバ:勝手に掃除してくれる

この2つの違いです。

  

その中でも、人が操作しなくても勝手に掃除をしてくれる。

ここが、花粉症の季節にはとても大きなメリットとなります。

 

掃除機でもルンバでも、必ず本体から出る物

 

そう、掃除する際に出る「排気」です。

   

掃除機をかけるときは、必ず「ブィーン」という音とともに排気が出ます。

この排気は、目に見えるゴミや、微粒なホコリや花粉などを吸い取った後、吸い込んだ空気を外に出すために出る物です。

これはルンバも同じで、排気は必ず出ます。

  

  

我が家のルンバは、後ろから排気が出ます。

   

この排気が出ることで、部屋中の空気を拡散させることになります。

 

部屋に掃除機をかけると、くしゃみが止まらなくなっちゃう!

 

掃除中であれば当然その空気を吸うことになるので、くしゃみや鼻水が出てしまいます。

ルンバを外出中にかけることで、排気を吸うことなく部屋を綺麗にすることができるんです。

 

ルンバは動ける場所全てを掃除してくれる

掃除機であれば当然、人がかけた場所しか綺麗にすることができません。

ですが、ルンバであれば移動する場所は全て綺麗にしてくれます。

    

ルンバ
ルンバ

僕は働き者!移動できる場所は全て綺麗にしちゃうよ!だけど10センチ未満の隙間、床から1センチ以下の高さ限定ね…

  

といった

  • 約10センチ未満の隙間は入ることが出来ない。
  • カーペットなども1センチ以下でないと乗り越えて移動してくれない。

このような制限はあるので、狭い隙間や高い段差などは掃除してくれない、といった点を注意する必要があります。

  

これらの範囲内であれば

ルンバは人が掃除機をかけることが出来ないような狭い場所でも、すいすい進んで掃除をしてくれます。

 

  

時間と労力が軽減される

掃除機をかけるだけでも、最低10分近くの時間を使います。

何か床に置いてあれば、それをどかさなければならないし、労力もかかってしまいます。

 

しかし、ルンバなら自動で掃除をしてくれるので、掃除の時間と労力が減るんです。

 

忙しくて家の掃除する時間なんてないよ。

 

なんて人には、オススメですし、コスパも計算すると最強なんです。

私が買ったのは10年ほど前なので、古いタイプですがそれでも十分活躍してくれます。

Amazonで3万5千円程度で購入しました。

 

4年前に1度だけバッテリーを交換しましたが、全部で4万円かかっていません。

1時間稼働させて0.6円ぐらいで、待機電力も月に70円しない程度なので、だいたい1か月100円の電気代とします。

 

1kWh当たりの電気料金を27円/kWh(全国家庭電気製品公正取引協議会「新電力料金目安単価」)

1か月100円×12か月×10年 = 10年で約12000円の電気代 

ということになります。

 

本体とメンテナンス費用 ⁺ 電気代 = 42000円 とします。

 

10年間、ほぼ毎日のように使用しているので

42000円 ÷ (365日×10年) = 11.5円

 

もう激安です。

ボタン一つで掃除をしてくれて、1日11円程度という計算

掃除機をかける手間を考えれば、手間だけでなくコスパも最強ということになります。

 

もちろん最新鋭のタイプを購入すると、値段も高いですが、私が使っている旧型でも十分に役目を果たしてくれます。

 

  • 動ける範囲の掃除をする
  • バッテリー残量が減ると自ら充電スポットまで戻る
  • センサーを付けておけば、その場所には入らない
  • 1時間程度は稼働している

 

といった、最低限の機能だけ備わっていますが、この値段なら申し分ありません。

  

 

床に物を置かなくなる

これは私が感じた事ですが

ルンバに掃除をさせるようになって、床に物を置かなくなりました。

 

以前であれば、床に何か物が置いてありましたが吸い込まれたり

紐などは絡まってしまうため、自然と物を置かなくなったんです。

 

私だけでなく、子供たちにも変化がありました。

 

おもちゃがルンバに食べられてしまうと、そのまま捨てられてしまうので床におもちゃなどを置かなくなったんです。

 

小さなおもちゃ、捨てられたら困るから、もう床にほかっておけないや。

   

これは、あまり気にしていませんでしたが

子供が自ら掃除をするようになったので、かなり嬉しい誤算でした

 

それと床に物が置いてないで、部屋全体を掃除することができます。

物があるとその部分は掃除できませんが、元から物が無ければ花粉やほこりなどもたまりにくくなります。

稼働時間は、ロボット掃除機のタイプによってそれぞれ

物凄く綺麗好きで、ホコリひとつ落ちているのが嫌だ!

という人は別ですが、そこまで気にせず「綺麗になっていればいいや」

という方であれば、通常の1時間程度稼働するタイプで十分です。

 

ルンバは、シリーズで値段や機能も違いますが、一番稼働時間が短いタイプでも60分近く掃除をしてくれるので、十分綺麗になります。

 

もっと完璧な綺麗さを求める方は、ブラーバ

そんな方は、同じアイロボット社が出している「ブラーバ」がオススメです。

オススメというか、これは私も持っていないので、欲しい。

 

本当に欲しい。

 

どんなものかというと、雑巾がけロボットです。

 

ロボット本体の先端から、霧吹きのように水分を噴射して雑巾がけをして綺麗にするというもの。

 

サイぞう
サイぞう

値段も3万円ぐらいなので、いつか購入したいなぁ。

 

基本的にルンバのフィルターで99%の花粉やホコリを吸い取ってくれるので、大丈夫だとは思いますが雑巾がけをしたほうが、もっとピカピカになって気持ちいいですよね。

 

私の中で、現在欲しい物ナンバー1かもしれません。

 

購入したら、レビューしますね。

 

  

まとめ

花粉症の季節にルンバが大活躍してくれる一番の理由は、人がいない間に掃除をしてくれる。

排気など空気が拡散されても問題なし。

 

掃除機が届きにくいような場所でも掃除をしてくれる。

掃除をする時間と労力が軽減される。

 

10年毎日のように使っている計算

電気代、本体代、メンテナンス台全て含めて1日11円程度

かなりの高コスパである。

 

床に物を置く習慣がなくなる。

大人だけじゃなく、子供も。

ルンバは履き掃除で、ブラーバという商品は雑巾がけのイメージ。

ブラーバ私も欲しい。

  

ってところでしょうか。

花粉症で鼻が詰まっている時期は、掃除すらやりたくないですもんね。

ルンバに掃除をしてもらうのも、ひとつの手ではないでしょうか。

 

それではまたっ!

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました