断食しなくても減量することで体質改善【花粉症に効果的な理由】

花粉症対策

こんにちは、サイぞうです。

花粉症で困っているのに、薬も効かないし鼻づまりがつらい!

と同時になぜか、花粉症の時期になると肌荒れが酷くなるって人いません?

数年前までの私です。

中学校ぐらいから花粉症に気づき、数年前までなので約20年近く花粉症に悩んでいました。

そんな私が3月~4月の花粉の時期でもマスクなし(今はコロナもあり外ではしていますが…)でも生活できるようになったひとつのこと。

それは「減量」です

そんなので花粉症が治るの?って思ったあなた。

ぜひ騙されたと思って試してはいかがでしょうか。

薬を飲んだり、なんとか療法とかではないのでお金をかけることなく対策できちゃいます。

なぜ減量をするのか?

私は毎年2月頃になると減量をスタートします。

それは何故か

そう。花粉症のためです。

初めは、フィジークの大会のためだけに減量をしたのですが

なぜかその年だけ、まったく花粉症にかかりませんでした。

昔から花粉症に悩まされていたため、耳鼻科で薬を貰ってもほとんど効果がなく

強い薬に変えてもらっても、睡魔が襲ってくるだけ。

車を運転する仕事でもあるため、昼間から飲んでいると運転中に眠くなってしまい

効果もないし、正直飲んでも意味があまりありませんでした。

レーザー治療との出会い

そんな中、レーザー治療というものに出会いました。

花粉症の時期になる前の10月頃に鼻内側の粘膜を焼くというもの。

手術自体は数分で1万円ぐらいでした。


術前と術後の診察と点鼻薬などを含めるとワンシーズン3万円ぐらいでしょうか。

まあ、これが痛い。麻酔を打ってレーザーで焼くので治療中はそこまで痛くないのですが

麻酔が解け始めると当然痛い。もう悶絶します。

鼻の奥がズキンズキンと。

ですがその治療が合ったのか、効果抜群で3月になっても鼻詰まりがなく「これは凄い!」

と当時は驚きましたが、その喜びもわずかでした。

何年も連続で鼻の粘膜を焼くと身体が慣れてしまうのか

痛い思いをして焼いたにも関わらず、花粉の季節になるとしっかり鼻が詰まるようになりました。

個人差はあると思いますが、私には永遠と毎年10月に痛い思いをして

レーザー治療をする気にはなれませんでした。

花粉症とボディメイクの効果

そんな中、友人に誘われボディメイクのために筋トレをスタート。

そしてジムに通うなら、大会に出なよと友人に誘われ

しょうがなく、5月頃の大会に向けて2月から減量をスタート。

これがまた、キツイ。

普段何も気にせず、ジャンクフードやお菓子を食べていたのに

急にカロリー制限をして、鶏むね肉、葉物野菜、玄米の生活です。

摂っていい脂質もオリーブオイルや、アボガド、卵の脂質、ミックスナッツなどで

菓子パンなどに含まれるトランス脂肪酸などはもってのほか。

その生活に慣れていないので、つらいですよね。

喜びといえば、みるみる絞れていく自分の身体を見るか

たまに食べる、ハイカーボデイといった、炭水化物をたくさん食べれる日

もうこれがめちゃくちゃ幸せです。

白米が美味しいのなんの。普段何気なく食べている食事の有難さがよくわかります。

そんなこんなで、3月頃にとある異変に気づきます。

「あれ?花粉症はまだ来ないの?」

そうです。

花粉症真っただ中の時期なのに、鼻がつまっていない。

周りの友人などは、鼻づまりでかなり辛そうにしています。

となると、花粉が飛んでいないわけではない。

なぜ今年は花粉症にならないのか。

子供の頃からアレルギーに弱く、耳鼻科で検査しても

ほぼ1年中アレルギー症状があるので、マスクは常にするようにと言われていた私がなぜ急に。

ボディメイクで減量すると、自然と腸が元気になる訳

そのころ読んでいたメンタリストDaiGoさんの本の中で、このような事が書かれていました。

「フロリダ大学の実験では、花粉症に悩む男女173名がプロバイオティクスを

8週間飲み続けたところ目のかゆみと鼻水が減っていました。

アレルギー症状は炎症の一種なので、腸内環境が整ったおかげで自然と鼻水やかゆみがやわらいだようです。」

「私たちの腸内細菌は、加工食品が大の苦手です。なかでも高脂肪で食物繊維が少ない食品

(ファストフードなど)や、精製糖の多い食品(スナック菓子や清涼飲料水など)の摂取が

増えるほど、腸内環境が死にやすくなることがわかっています。」といった内容でした。

これだ!となった訳です。

いろいろと調べていくと、昔の日本人は花粉症になったという記録はあまりなく、近年発症したものだという内容の記事も目にするようになりました。

結論は、何を食べるかではなく何を食べないかという内容が多かったように思います。

たしかに昔はジャンクフードという食べ物はなく、お菓子や清涼飲料水などもほとんどありませんでした。

そのため、加工していないありのままの物を食べていたため、花粉が体内に取り込まれても自然と排出してくれるため炎症が起きなかったということ。

あくまでも、私個人の人体実験での出来事なので、万人に通用するわけではないかもしれませんが、薬などもほとんど効果がない方は、騙されたと思って一度試してはいかがでしょうか。

食事を改善するだけなので、そこまでデメリットはありません。

何より高額な治療をしたり、薬を飲み続けるわけではなく、お金もかかりませんしね。

それよりもクリーンな食事をする事によって、食物繊維を多く摂取するため

便秘もなくなり健康的になるし老廃物がたまりにくくなり肌も綺麗になります。

まとめ:お金をかけずに花粉症を治すには、減量が効果的

理由は

  • 減量すると自然と空腹時間が訪れる = 胃腸が休む時間を作れる
  • 胃腸が回復するとアレルギー物質を体外に排出してくれる
  • 薬に頼らないので眠くもならない
  • 減量だけならお金もかからない

といった感じでしょうか。

とにかく試してみる価値はあると思います

薬を飲んでも効果が出ない人は騙されたと思ってやってみてはいかがでしょうか。

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました