ミニマリストはボーナスを何に使う?物を買わない代わりに買う物とは!

ミニマリスト

皆さんはボーナスが出たら何を買いますか?

私の会社でもこのような会話がよく聞こえてきます。

  

前から欲しかったスピーカー欲しいな。自転車もいいやつが欲しいな。

物欲があればあるほど、「Amazon」や「楽天市場」などでネットサーフィンをしてしまい、ついつい欲しくない物をポチっと押して購入してしまいます。

  

それらを防ぐためにも、ミニマリストは物を買わずに「ある物」を買う方が多いです。

では何を買うのか?それは

 

「株」です。

  

いやいや!株なんて、ごく一部の富裕層が買う物でしょ?会社員の僕が買う物じゃないよ…

  

と思うかもしれませんが、株には様々なメリットがあるんです。

買う行為があるため、満足感がある

経済に目を向けることができる

株主優待でご飯を食べることができる

配当金が入るのでお金が増える

どれだけ株が増えても荷物は増えない

  

   

ミニマリストというと、修行僧のようなイメージがありますが、お金をまったく使わないかと言ったらそうではありません。

厳選した物で暮らす中で、いつまでも物を買わないと、そのうち「購買欲」が出てきます。その時に他人にプレゼントをしたり、定期的に自分の未来のために「株」を購入することで、その物欲を無くすことが出来るのです。

物を増やさずに株を買うメリットについて見ていきたいと思います。

「買う」行為で満足感を得る

人間はどうしても「物欲」という存在と共存して生きて行かなければなりません。

  

節約したいけど、あれも欲しいし、これも欲しいなぁ…

   

仙人のように悟りを開くか、無人島で生活に必要な物を買えない環境に身を置いたりする場合は、別ですが現代人はテレビのCMや、YouTube、インターネットのサイトを閲覧してるだけでも必ず「広告」に目が触れています。

それらの広告に目が触れることで購買意欲が上がってしまい「物を買う」という思考になってしまうのです。

常に誘惑にかられている現代で「物欲を無くす」というのは至難の業ということ。

そこで物の変わりに買うのが「株」です。株は物ではないため、家の中で増えることはありません。 

  

経済に目を向けることができる

経済といっても幅が広いですよね。

会社の株を買うとなれば少なからず「株」が上がるか下がるかに、興味が湧くはずです。最初に株を購入するときは、絶対に上がるか下がるかが気になって仕方ありません。

購入した株が下がれば数字としてお金が減ったのが見えるし、増えれば+1000円になったと増えたことが目に見えるから、景気にも敏感になるんです。

普段見なかった経済ニュースに目が向くようになったり、ドル円なども気になったりします。

 

経済関連のニュースなんて今まで気にしたことありませんでした!

 

経済ニュースの情報がすぐに買った株に役立つという訳ではありませんが、今何がトレンドなのか?次は何が流行るのか?など、次に買う株の情報が気になって仕方なくなるはずです。

株主優待でご飯を食べることが可能

株主優待は会社が自分の株を購入してくれた株主に向けて、自社商品などの「優待品」を贈る制度のことです。

株主優待は「必ずやらなければならない」という制度ではないので、すべての会社が実施しているわけではないですが、上場企業のうち約1500社が株主優待制度を導入しています。

 

最近では、桐谷さんというおじさんが株主優待を使って生活して有名になっていますよね。

  

かなりの財力が無ければ、株主優待だけで生活するのは難しいですが、飲食関係で株主優待の恩恵を受けることが出来ると、かなり嬉しいのでオススメです。

すかいらーくや、吉野家はどは、半年に一度一定額の食事券が送られてくるので、割引券と違って食事券だけで飲食することが出来るので、たまの外食でも使えて便利です。

配当金が入るのでお金が増える

配当金というのは、会社が得た利益を株を購入した株主に還元するという仕組みのことです。

金額は「1株あたりいくらにするのか」というものを株主総会で決めるます。だいたい本決算と中間決算の年2回配当金を配る会社が多いです。

この配当金は、株の上がり下がりで得る利益とは別なので、株を保有しているだけで年に2回配当金を貰えるという「ボーナス」のようなものです。

  

臨時でお金が貰えるのはとても嬉しいです!

  

よく配当利回り5パーセントなどと書いてあり、1株当たりの年間配当金を株価で割って算出された数字を指します。ただ単に配当利回りが良くて業績が悪い会社もあるので注意が必要です。

配当利回りが良い企業だと年間1万円以上は配当金が貰えるので、臨時で貰えるお金が増えると思うと家族で外食に行ったり、奥さんや子供に何かプレゼントしたりと、自由に使えるお金が増えて生活が豊かになります。

保有株が増えても荷物は増えない

普通物を買えば、家の中を圧迫しますが「株」は違います。

昔は「株券」なる物を発行していたため紙が存在していましたが、今は証券会社上のデータで管理をしているため物質としては存在しません。

なのでどれだけ株を買おうが家の中に「株」という物で溢れかえることはありません。

 

ミニマリストにとっては買っても物が増えないのは嬉しい限りです!

 

企業から貰える優待券なども使うことですぐに無くなるので、物は増えません。むしろ外食チェーン店などの優待券を有効活用することで、家で料理をすることなく満足した食事をすることも可能です。

ミニマリストからしたら、一石二鳥ですよね。

まとめ

ミニマリストがボーナスで何かを買うとすると、何にお金を使うかについて調べてみましたが、やっぱり物質が増えずに「買う」という行為をすることが出来て、配当金や株主優待という制度を活用して生活が豊かになるのは物凄くプラスです。

永遠と貯金ばかり増やしていても、生活は豊かになりませんからね。

修行僧ではない限り、物欲からは逃れることは出来ません。

上手なお金の使い方をして豊かな生活を送って行きたいですね。

 

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました