【80%が出来ない!】消防士が同僚と差をつける必須スキルとは?

消防関係

こんにちは、元消防士のサイぞうです。

20年近く消防の仕事をしてきた私だから言える

同僚と差を付けるたった一つのスキル、それは

「タッチタイピング」

そんなこと?

 

と言われるかもしれませんが、ほとんどの消防士はこれが出来ていません。

訓練や出動で体を常に動かしているというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに間違いではありません。

しかし、この出動をした後には、必ず「報告書」というものを作成しなければなりません。

 

それだけでなく、日々届出される書類の処理

訓練や教養の資料など

現在の消防士にとってパソコンを使った事務仕事

これは切っても切れない存在なんです。

 

そこでタイピングが必須になってくる訳ですね。

その理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)とは?

タイピングというのは、パソコンの画面から目を離さずに

手元はキーボードに置いたまま文字を入力することを言います。

  

わかるんですが、訓練や出動のが重要だし、そこまで文章作る機会あるの?

  

なんて聞こえてきそうですね。

あるんですよ。

今は何でもデータ管理が多く、当然データ管理が多いということは、それらを入力しなければなりません。

そうなると、入力する時間が早ければ早いほど、余った時間を他に費やせるということになります。

それらのメリットについても見ていきましょう。

消防士がタッチタイピングを覚える6つのメリット

文章がらくらくと書ける

消防士になりたての4月ぐらいだと、そこまで文章を作る機会がないかもしれません。

出動に備えて訓練をしなければならないし、覚えることがたくさんあるからです。

しかし、時が過ぎれば業務も増え書類をデータ入力する機会が必ずやってきます。

その時に先輩から入力要領を教えられますが、内容はもちろんですが、先輩の手をよく見てあげてください。

ほとんどが、タッチタイピング出来ていないことに気が付くはずです。

私のイメージだと90%近い消防士はタッチタイピング出来ていません。

早く入力出来ていても、手を毎回見る癖がついていたりするので、誤字も多く結局は遅くなってしまいます。

よく救助技術大会の練習でも上司から言われました。

  

せんぱい
せんぱい

遅くてもいいから丁寧にまずはやりなさい。そうすれば必ず早くなるから。

  

と言われた人も少なくないのでは…

  

パソコンの入力そのもの。

「継続は力なり」とはまさにこと事ですね。

  

文章作りがストレスにならない

早く入力しなきゃいけないって思いながら入力する。

でもタッチタイピング出来ないから必ず手元を見てしまう。

慣れていないのでタッチタイピングも最初は、入力できずかなりストレスになります。

  

しんちゃん
しんちゃん

先輩すみません。僕は覚えなきゃいけない事が多いので、タイピングなんかに時間を割けないんですが…

  

って人も少なくないんじゃないでしょうか。

でもね、長い目でみるとたった数週間練習するだけで、これからの長い消防人生でストレスを感じずタイピング出来るのであれば、必ず覚えた方が良いスキルです。

なのに、先輩や同僚などでタッチタイピング出来ない人が多いのに、驚くはずです。

それはなぜか?

  

答えは簡単。

単純にタッチタイピングを教えてくれる機会がないから。

  

しんちゃん
しんちゃん

出動に対しての訓練や教養はよくやってくれるけど、タイピングを教えてくれる先輩は見た事ないな~

  

教えてくれる機会がないってのもありますが、そこまで重要視する消防士もいないからです。

  

20年近く消防士として仕事をしてきましたが、訓練の重要性や、防火査察の知識を伝える職員はいても、タイピングの重要性を伝える職員に出会ったことがありません。

  

このタッチタイピングを覚えるだけで

  

  • 入力の時間を短縮する
  • ストレスなく入力することが可能となる
  • 他の業務にも取り掛かる時間が増える
  • 他の消防士よりも勉強などをする時間が増える。

  

良いこと尽くしです。

  

ソースネクスト|SOURCENEXT 特打ヒーローズ 名探偵コナン(2020年版) [Windows用]価格:2,090円
(2022/2/25 06:30時点)
感想(1件)

  

消防士が作る文章って公文書だよ?

これは、新任消防士が陥りやすい間違いなんですが

消防士っていう職業は、地方公務員であり職務上作成した文書は全て公文書となります。

  

しんちゃん
しんちゃん

公文書って何?ただ仕事のために文章作っただけですよ。

  

公文書とは?

  

ってやると長くなるので、ググってみてください。すぐ出てきます。

公文書ってことは、簡単に作った報告書であっても公文書なわけです。

「その書類を見せろ」と弁護士などから言われたら、それを出さなければなりません。(もちろん開示請求という形で書類などを提出してもらいますが)

で、出す書類がでたらめだったなんてことはあってはなりません。

となると誤字脱字などを普段からチェックする癖を付けなければならないのですが、毎回手元を見ているとそこまで気が回らず全て作成してから、また1から見なければなりません。

そうなると時間がかかってしまい効率的ではありませんよね。

公文書を作成しているという観点からも、タッチタイピングで入力することをオススメします。

肩こりになりにくい

タッチタイピングが出来ないと目線が画面と手元を行ったり来たり。

そうすることで、顔が上下します。

そうなると手元を見るたびに下を見るので、画面を見続けるよりも目線が下に行き、猫背になりやすいんです。

猫背の姿勢で入力を続けていると、肩こりだけでなく腰痛まで引き起こしてしまいます。

  

消防士の場合は、変な姿勢で重い物を持ち上げることが少なくありません。

例としては

  

  • 火災現場でホースをたくさん持って移動する
  • 救助現場で重い資器材を持ち上げる。
  • 救急現場で重い患者さんを持ち上げながら狭い階段を上り下りする。

  

もう考えただけで腰が痛くなりそうですね。

肩こりや腰痛にならないためには、普段から姿勢を良くしなければなりません。

パソコン入力をする際に、猫背にならないためにもタッチタイピングを習得する必要があります。

パソコンへの苦手意識が無くなる

学生時代に、パソコンをずっと触っていたという人なら別ですが

消防士になるための勉強や運動をしてきた人って、意外とパソコン苦手な人が多いんです。

ExcelやWord、PowerPointが不得意な消防士が多いのには理由があります。

それらを勉強しなくても業務が成り立ってしまうから。

  

正直、普通の会社員だったら当たり前のように作成している、Excelでの資料作りが消防士だと出来ない。

なぜか?

教えてくれる先輩もいないし、そこまでの作業を求められていない。

そうなると、単純な作業に時間を費やしてしまう事も少なくありません。

時間を使う作業=めんどくさいからやりたくない

となってしまいかねません。

苦手意識をなくすためにも、タッチタイピングは必ず覚えるスキルと言えますね。

単純にタッチタイピングはカッコいい

タッチタイピングしている姿って、出来ない人からすると単純にカッコいいですよね。

パソコンが得意じゃない人って、やっぱり毛嫌いしている部分もあるので上達しようと意識しなければ、一生上達しません。

タッチタイピングが出来ないと明日からあなたは、「クビです」と言われれば必死になってやりますが、公務員なのでそんなことは言われない。

ってなると、人間はどうしても自分に甘くなってしまい、やらずに過ごしてしまうんです。

会社のように期限が迫っているわけでもないので、のんびりやることも出来てしまう。

歳を重ねてから覚えるのって、案外大変なんですよ。

若いうちに覚えちゃうと本当に楽です。

まとめ

消防士でもタッチタイピングをすることは、文章を楽に書くことが出来る

パソコンで文章を作るのに、ストレスがかからない

消防士は公務員なので、作成する文章は公文書になります。

  

誤字脱字などを確認するためにタッチタイピングで入力出来るようになるのはメリットが大きい

目線がずれないので肩こりになりにくい

ローマ字入力への苦手意識が無くなる

単純にタッチタイピングはカッコいい

ってところでしょうか。

  

同じ訓練や知識を身に着けるだけでは、正直同僚や上司にそこまで差を付けるのは難しいです。

ですが、他の人が出来ていないのに自分だけ出来ていることって、訓練で負けていてもタッチタイピングだけは負けていない。という自信にも繋がります。

2週間ほど練習すれば必ずタッチタイピングは出来るようになります。

  

訓練と一緒でいきなり早く入力するのはまず無理です。なので始めはゆっくりと目でキーボードを見ないでも入力出来るようにしましょう。継続すれば誰でも出来ます。

 

【送料無料】キーボード入力練習 タイピングソフト【インストール不要】価格:4,300円
(2022/2/25 06:22時点)
感想(36件)

  

しんちゃん
しんちゃん

「継続は力なり」ということですね!

  

やれば必ず出来るようになります。

覚えるか覚えないかは、あなた次第

  

それではまたっ!

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました